刺激的ゴリラブログ

ジャングル並みの刺激的な毎日を提供したいです

急に起こる激痛どうしてますか?ゴリラは鎮痛剤使うよ!

f:id:USG:20160920032450j:plain

ゴリラ最近背中になぞの激痛が起こって、夜も寝れなかったんですよね涙

やっぱりジャングルで生活するってことはハードワークですから!病院もないですしね!なんたってジャングルですから!

 

それであんまりにもひどいので、ロキソニンっていう鎮痛剤飲んだら、うそのように痛みが消えてビックリしました。

ビックリ通り越して、怖くなりましたね笑

そこで、いろいろ調べてみようと思います。

 

1.そもそも痛み止めって何?

 

痛み止め、または鎮痛剤ともいいますね。

痛みを鎮めるための薬であって、麻酔などの感覚をなくすものとは区別されているらしいです。

ほとんどが非ステロイド性抗炎症薬で抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤

 

2.痛み止めの種類は?

 市販の痛み止めでその名を轟かした強者紹介!

アスピリン

炎症を鎮めたり、腫れや発赤、痛みなどの症状をおさえる。

熱を下げる作用もあるが、熱や痛みの原因そのものは取り除けないみたいです。

軽い痛みから、中くらいの痛みに効く

 

イブプロフェン

基本的には上と同じですが、抗炎症作用と解熱鎮痛作用は上より強い。

 

アセトアミノフェン

他の痛み止めに比べて鎮痛作用や解熱作用は弱いです。

しかし、一番歴史のある薬で他の薬に比べて安全性が確率されており、胃に対する負担も少ないです。

空腹時にも飲めるため、初心者におすすめ!

 

ロキソニン

今回ゴリラが使ったのはコレです!

結構強めの鎮痛作用がありますが、イブプロフェンなんかに比べると胃への副作用が低い!

腎機能に関連する有害事象が多く、そちらの働きが悪い人は避けたほうがいいかもです。

イブプロフェンロキソニンは鎮痛作用が強いですが、副作用の起こる場所が異なるので、異常を感じたら変えながら使うといいです。

 

3.鎮痛剤強さランク!

 

結構強い
ジクロフェナク(ボルタレン) 炎症効果強い。胃に負担大きい
ザルトプロフェン(ペオン) 副作用少ない
インドメタシン(インダシン、インフリー、クリノリル) 炎症効果強い 胃に負担大きい(外用で使う事多い)

強い
ロルノキシカム(ロルカム) 持続性 副作用多い
ロキソプロフェン(ロキソニン) 副作用少ない
セレコキシブ(セレコックス) 持続性 副作用少ない
メロキシカム(モービック) 副作用少ない
エトドラク(ハイペン) 副作用少ない
メフェナム酸(ポンタール)

普通
イブプロフェン(ブルフェン) 安全、小児に使える
アセトアミノフェン(カロナール) 安全、小児に使える

弱い
アスピリン(バファリン) 用量を少なくすると血栓予防として使える(こっちの使い方の方が多い)
総合感冒

matome.naver.jp

 

以上がゴリラが軽く調べた鎮痛剤に関することです。

基本的に薬は個人によって作用も副作用も違いますので、個人的に調べることをお勧めします。

 

 

 

 

バナナ一本!